忍者ブログ

2017/12/16 (Sat) [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/07/04 (Wed) フラグムービーからSA58-Paraのスタイルを読み解く

前回紹介したAstrickのsBさんのSA58-Para(以下Para)のフラグムービーのスタイルを理想的といいました.
このスタイルをsBスタイルとします.
もう一度載せておきます.

注目したいのが立ち撃ち[頭狙い]→しゃがみ撃ち[首・胴撃ち]を近距離の基本スタイルとしているところです.
Paraのヘッドショット一撃と高ダメージの胴撃ち(首撃ち),移動スピードを生かした突破力があります..
そして中距離に関してはしゃがみ撃ち[首撃ち]を基本スタイルとしています.
さらに遠距離に関してはタップ[首撃ち]を基本スタイルとしています.
ですがこのスタイルは少々疑問があり,中距離に関してはしゃがみ撃ち[首撃ち]をするより,移動撃ち[首・胴撃ち]をしながら距離を詰めたほうがよいのではないかという点です.
中距離のしゃがみ撃ち[首撃ち]で当たればよいのですが,当たらなかったとき,相手が中遠距離武器(Groza,M4など)の場合,一方的に殺されてしまう可能性があります.
AstrickのsBさんほどのAIMがあればこそ実現するスタイルなのか,はたまたフラグムービーだから当たっているときだけ抜き出しているのかは不明です.

そこでこのスタイルをご覧ください.

SnowShovelさんのフラグムービーです.
この方は何本もフラグムービーを上げているので,このスタイルをSnowShovel(以下SS)スタイルAとします.
注目したいのが立ち移動撃ち(指切り)[首撃ち]を中近距離の基本スタイルとしているところです.
中距離では移動しながら立ち撃ち(指切り)[首撃ち]をして距離を詰めています
またしゃがみをフェイントで織り交ぜています.
近距離ではsBスタイルに分がありますが,中距離では有効だと考えています.
中距離のしゃがみ撃ち[首撃ち]で相手が中遠距離武器(Groza,M4など)の場合,一方的に殺されてしまう危険を回避することができます.
そして近距離に持ち込めばしゃがみ撃ち[首撃ち]で相手を粉砕できるという訳です.

これで中遠距離の基本的なスタイルは固まりました.
ここまでをおさらいしましょう.
・俺的理想スタイル
近距離:sBスタイル(立ち撃ち[頭狙い]→しゃがみ撃ち[首・胴撃ち])
中距離:SSスタイルA(立ち移動撃ち(指切り)[首撃ち])

調子いい日,悪い日というのは必ず存在します.
例えば風邪をひいているときにプレイしたら,健康時と比べてAIMが落ちるのは当然です(立ち回りにも影響するでしょうが今回は割愛します).
調子いい日は近距離に関しては立ち撃ち[頭狙い]が当たりやすいと考え,しゃがみ撃ち[首・胴撃ち]も胴撃ち多めと予想されます.
調子悪い日は立ち撃ち[頭狙い]が当たりにくいと考え,しゃがみ撃ち[首・胴撃ち]も(初弾のダメージがない分)首撃ち多めと予想されます.
さらに,調子いい日は中距離に関してはsBスタイル(しゃがみ撃ち[首撃ち])でも可能です.
調子悪い日は無理をせず,SSスタイルA(立ち移動撃ち(指切り)[首撃ち])となります.
ですが現状では,スタイルに慣れる必要があるので,SSスタイルA(立ち移動撃ち(指切り)[首撃ち])を多用する必要があるでしょう.
基本的なことですが,SSスタイルA(立ち移動撃ち(指切り)[首撃ち])の注意点として,随所にしゃがみ・左右移動フェイントを入れる必要があります.
また近距離で交戦する前に頭に当てることができれば,そこでしゃがんで殺すことも可能です.
近距離に近づけば近づくほどに相手のカバーがいたり,自分の逃げ場がなくなったりと危険もあります.
よって,殺す(頭に当てる)つもりでSSスタイルA(立ち移動撃ち(指切り)[首撃ち])をする必要があります.
決して近距離に持ち込むために,相手を威嚇するだけでないことを理解してください.

遠距離はどうしましょう.
ということで,以下の二本のフラグムービーをご覧ください.

一本目は先ほど取り上げたSnowShovelさんの別のフラグムービーです.
このスタイルをSSスタイルBとします.


二本目は我々サミット川崎店のParaプレイヤーの聖典,Relaxさん(韓国語がわからないので人名なのか定かではない)のフラグムービーです.
このスタイルを神スタイルとします.

これら両者の共通点はどの距離においてもタップ[頭狙い]を基本スタイルとしている点です.
強いて違いを言うなら,前者のSSスタイルBより後者の神スタイルは距離があくほどにしゃがみ撃ちを多用することでしょうか.
確かにしゃがみをしたほうがしないより精度がいいのは事実です.
また身体を小さくすることで相手に当てられにくくなります
デメリットは当てるつもりでしゃがんでいるので,逃げる準備ができておらず,当たらなかったとき悲惨なことです.
元々遠距離のみを想定したら集弾ももっといいARはたくさんあるし,極論から言えばSRを選ぶため,Paraを選びません.
ただ,場合によっては遠距離で戦ったほうが有利になることもあるので,遠距離も想定する必要があります.
これらのスタイルを遠距離のみに導入する理由は,中近距離は効率が悪いという点です.
フラグムービー使用なのかもしれませんが,中遠距離でこれらのスタイルを多用すると,調子に左右されやすくスコアが安定しない,突破力に欠ける,味方の進路を妨害するので邪魔になるというデメリットが付き纏います.
練習にはなると思いますが実用性はないと判断しました.
実際,AI爆破(Canon)でのセンターロングヘッドショット単発縛りやLock Down(Easy)ヘッドショット単発縛りなどこのような状況を想定した練習はしています.
しかし,「遠距離メインでParaやるなら,SRやるよ!」
またSSスタイルBは中遠距離では首撃ち気味になりますが,論題は遠距離使用に限定するため,今回は割愛しました.

まとめです.
・俺的理想スタイル
近距離:sBスタイル(立ち撃ち[頭狙い]→しゃがみ撃ち[首・胴撃ち])
[注意点]
・調子いい日は近距離に関しては立ち撃ち[頭狙い]が当たりやすいと考え,しゃがみ撃ち[首・胴撃ち]も胴撃ち多め
・調子悪い日は立ち撃ち[頭狙い]が当たりにくいと考え,しゃがみ撃ち[首・胴撃ち]も(初弾のダメージがない分)首撃ち多め

中距離:SSスタイルA(立ち移動撃ち(指切り)[首撃ち])
[注意点]
・殺す(頭に当てる)つもりでSSスタイルA(立ち移動撃ち(指切り)[首撃ち])を利用する
・近距離で交戦する前に頭に当てることができれば,そこでしゃがんで殺す

遠距離:SSスタイルB(タップ[頭狙い])or神スタイル(しゃがみタップ[頭狙い])
[注意点]
・どちらを選択するかはケースバイケース
・遠距離で戦ったほうが有利になる場合のみの利用,決して無理はしないこと

意志を放棄した人間は人間にあらず!ただ笑いと媚びに生きてなにが人間だ!(ラオウ)」
はい,意味がわかりません.
「ぼくのかんがえたさいきょうのやきゅうちーむ」みたいで楽しかったです.

ちなみに現状の私の戦闘スタイルはこれに酷似しています.

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カウンター

AVAランキング

ボタンをPUSHだっ!

プロフィール

【管理人】2代目ケメ(ケメプラス)

初代の死後,その死体から生まれる。初代の意思を継ぎ、オールサファリを目指す。
【FPS暦】AVA:5ヶ月(少佐),SF:3~4年
【メイン兵科】RM・SR
【RMメイン武器】UAV,SA-58 Para,OTs-14 Groza その他遊び程度
【SRメイン武器】ASW338 その他遊び程度
【サブ武器】Luger P08
【使用デバイス】
マウス:Microsoft Wheel Mouse Optical
マウスソール:Hyperglide Skates MS-3
マウスパッド:Artisan 飛燕 Soft Vault
キーボード:Filco Majestouch 茶軸
ヘッドセット:SteelSeries Siberia V2 その他→気が向いたら書きます

twitter

ブログ内検索